とうまつの日記

かきたいことだけかく

一〇月九日〜一四日「試験準備×(試験×2)×引越し準備」

9日   夜まで爆睡→試験勉強&荷作り(※以後毎日)

10日 原付免許の試験勉強 

11日 原付免許の試験勉強 (徹夜→

12日 →徹夜) 原付試験→観劇→漢検2級の試験勉強

13日 漢検2級の試験勉強 (徹夜→

14日 →徹夜) 漢検2級本番→睡眠→引越し荷づくり(徹夜→

〜〜〜

15日 →徹夜) 引越しの手続き&引越し

 

死ぬわ!!!!!

 

本当に怒涛の1週間でした

これに配信加えたらノイローゼ待った無し

許してください!!!!!

 

まず、なぜこの時期に原付免許をとりにいったのかというと、顔写真付きの身分証明書が欲しかったからです。(今までは保険証だけで乗り切ってきました)

あとからパスポートでもよかったかなぁって思ったりもしたのですが海外へ行く予定もあるかわからないなぁという感じだったのと、試験に受かれば1日で講習&免許証交付ということもあり、結局引越し前の最後の平日で試験を受け、無事合格したのでそのまま講習を受け、免許交付後、眼球バッキバキの状態で中野で舞台を観てきました。講習受けてる時からぶっ倒れそうだったけど、一日の最後におもしろいお芝居が観れてめちゃくちゃ良い日になりました!!!

そして漢検漢検2級の試験。何かで1級がとりたくて3級まで持ってるから、漢検で1級を取るのが一番近いと判断して申し込み。引越しの日が決まったのも、引越しの手続きなどで顔写真付きの身分証明書がないと後の生活が詰むことも、申し込んだあとにわかったことなので、その日程ですすめるほかどうしようもないので、馬鹿も無理もします。

ちなみに漢検を受けるのは10年ぶりでしたが、小3頃から中学生の頃まで毎年受けてきたので、試験当日は「ただいま!」という気持ちで受験会場の席につきました。先月の頭くらいから漢検の勉強は日課となり、試験3日前くらいからは過去問を解きまくってました。苦手だった四字熟語(いつも10問中2、3問しか合っていないくらい苦手)、対義語・類義語(これも四字熟語と同じくらい出来なかった)を頑張っていたのですが、練習でも合格点にはギリギリ10点くらい届かない感じで、当日会場に向かいながら、今回落ちても仕方ないよなぁと思い、次の試験日の確認とかしたりしていました。でも、なんか運が良かったのか、前日徹夜で取り組んでいた問題の8割が当日問題で出てきたので、問題用紙を開いたときとてもびっくりしました。まだ答え合わせはしていないけど、いい結果が出せたらいいなぁと思っております。

受からなかったらもう1回、受かっていたら次の準1級。

目標達成まで、コツコツと地道に取り組んでいきたいです。

そんなこんなで漢検を受けた後は、家に帰って爆睡して、引越しの準備して、そのまま翌日となり、市役所に行って手続きをして、荷物を搬入し、無事引越しが完了いたしました。ひさびさに怒涛のスケジュールだったけど、なんとか乗り切ることができました。

ワクワクしかない新生活、思いっきり生活してやろうと思います。

頑張ります!!!