とうまつの日記

かきたいことだけかく

九月五日「慣れない土地でバスに乗るのは危険だということ」

この日もお仕事でした。5時半起きで電車とバスを乗り継ぎ仕事場へ。今回もやはり眠ることが出来ず出勤。

というのも部屋の豆電球が勝手に消えたり、お寺の塩が濡れたりする怪奇現象に悩まされ、怖くて眠れなくなっかったのです。

でもそれよりも肝を冷やしたのは、バスで仕事場へ向か建ている最中、自分の乗っているバスが本来乗るはずだったバスと違う方向に進んでいることに気がついたこと。すぐに降りますボタンを押して地理が一切わからない道を地図アプリを頼りに歩き、本来乗るはずだったバス停までゆきましたが、1時間に3本しかこないので、めちゃくちゃ不安でした。30分前に到着する予定で家を出たのに、仕事の始まる3分前に到着。

すごくこわかった!!!!!

到着できて本当によかったです。

おかげで夜はぐっすりと眠れました。

 

みなさんも慣れない土地のバスに乗るときは気をつけましょう!

以上!